2016年8月19日金曜日

『京都手帖』表紙決定!と、大切なおしらせ

みなさま、ごきげんよう
北大路アオアザでございます

お盆休みも終わり、日常ですね
ああ、暑い
「暑さ寒さも彼岸まで」ってさ
彼岸ってあとひと月以上先なんですけど
昨晩気づいてぞっとした


さて、本日無事
『京都手帖2017』及び『京都手帖+2017』は責了となりました
今日をもって一旦わたくしの手からは離れ
あとは印刷会社・製本会社さんへ託し、
ひと月後、そう、ちょうど彼岸頃、
あの姿となってわたくしどもの元へ帰ってまいります

今年もいろいろあったなぁ
思い出しては書く手が止まってしまうほど
なんだかいろいろありました
責了間近となると、毎度、胃が痛くて
どえらい間違いがあると、ホントどえらいことになるんですよ
(どえらく間違った経験あり)

どうか今年も無事に出来上がりますように
間違いなんてありませんように


お待たせいたしました!
ご愛用のみなさまーっ
表紙が決定しましたよーっ



はぁ
どの子もかわいいぃぃぃ

うっとり顔のわたくしでございます


写真右の水色の表紙が全国共通版
日本全国どこでも販売される『京都手帖2017』です

そして真ん中のピンクと左の渋い色が京都限定版(リバーシブル)
京都府下の書店・雑貨店などでしか販売されない限定版です

中身はどちらも同じ
カバーを選ぶことができる京都限定版は毎年ご好評いただいております

詳しくご紹介いたしましょう
まずは全国共通版



竹笹堂の原田さん(美人)にお願いした木版画を使用
図案名は「花の雨」
6月の月間カレンダー部分に入っている木版画です
さわやかな色味ですねぇ

全国共通版のこちら、
カバーはリバーシブルになっておりまして
反対側はこんな感じ↓


シンプルなブラック
こちらは木版画ではありません
男性にもお持ちいただけるよう、
反対のカバーはこんな塩梅にしております



そして京都限定版
京都限定版は両A面
どちらも原田さん(美人)の木版画を使用しています


やさしいピンクが印象的な金魚柄
ゆらぐ尾びれがいまにも動き出しそう



もうひとつは猫柄
まるまったにゃんこちゃん
図案名は「ねこじゃらし」
じゃれた猫ちゃんがかわいらしおすなぁ
渋めの色味がなんだか新鮮

このふたつはリバーシブルなので気分で替えることができます
なんてお得な

気になる中身のご紹介はまた次回


そして今日は、大切なおしらせがあります
いつも京都手帖を愛していただいているみなさまに
心苦しいおしらせです

ここ数年、紙の値上がりなどにより原価が高騰しており
なんとかこれまでの価格でやっていくよう、
がんばっていたのですがすみません、限界がきました

大変申し訳ございませんが
『京都手帖2017』は定価1,200円(+税)とさせていただきます

毎年続けてお買い求めいただいていたみなさまのことを考えると
とてもとても心が痛む決断でした
これからもがんばって
みなさんが「1,200円出してもいい!」と思っていただけるような
そんな京都手帖を作って参る所存でございます
何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます


Amazonなどでは予約も受付しております
こちらからどうぞ→『京都手帖2017』


今後ともわたくしども光村推古書院と
たまにまじめな北大路アオアザを
何卒よろしくお願い申し上げます



2016年8月16日火曜日

お盆やすみ

みなさま、ごきげんよう
北大路アオアザでございます

お盆休み、みなさまいかがお過ごしでしたか
今年もみなさま、ヴァカンスですか
ヴァ
ヴァカンス

編集長はイギリスへ行っております
隔年海外旅行
一昨年はたしか、ワイハだったような
どこへ行こうとおみやげはいつもチョコレイト


さて、わたくしはといえば
そう、アオアザの夏・京都手帖の夏でございます
今週いよいよ責了を迎えるため、最終作業

「いま暇?なにしてんの?」
「仕事」
「…ああ、今年もそんな季節か…」
友達から風物詩のようにしみじみつぶやかれる
そんな季節労働者のわたくし

そろそろ時候の挨拶にしてみてもいいんじゃないかな
8月中旬くらいまでのやつでさ
「京都手帖入稿作業のみぎり、貴社ますますご清栄のこと…」
さらーっと書いてたらそのうち普通にみんな使い始めないかな
手紙の書き方辞典とかに載らないかな
あああもっと売れたい


会社でひとり、校正をしていると
この期に及んでまだ訂正箇所が見つかるという…
しかもまあまあ大きめの間違いが見つかるという…
おそろしい
おそろしすぎる
ここにくるまで何度も見ているというのに

いつまでやっても終わらない校正地獄
いつまでたっても不安がぬぐえない
発売後に間違いが見つかるのがこわくてこわくて
あんなに校正したから大丈夫と自分に言い聞かせてもまだこわくて
発売後、なかなか手帖を直視できません
電話が鳴るたびドキッとします
抗議の電話じゃなかろうか、と
あれ、わたし、病んでる?


というこんな状態を打破したく本日はおやすみ

娘は早々に実家に預けておりますゆえ
まるまるひとりの自由時間なんて、え、何年ぶりだろう
何の予定もないなんて、すてき

ということで昨日は深夜ラジオ聴いてました
3時まで
3時までというとあの番組しかないでしょ
わたし、いつも録音してるんです、楽しみで楽しみで

でも朝はふつうに起きて
テレビ見て、映画見て、ゆっくりお風呂入って
送り火に手を合わせて
眠くなるまでテレビ見て
「ああしあわせ」って、わたし、朝から何回言っただろう

そうそう、映画ね
座席が動く、MX4Dってやつ
あれを体験してみたかったんでいってきました
でもよう考えたらわたし、3Dすらみたことなかった
飛び級してもうたことに今気づく

飲み物食べ物は持ち込み可ですが、
なにゆえ座席が動きますんで「こぼれる危険があります」と
「荷物も床には置けないからロッカーへ」と
だったらもう丸腰で入っちゃおう
はー、どきどきする、楽しみ楽しみ

予告編から動く座席
風、水しぶき、光、
マッサージチェアみたくお尻に感じるぼこぼこ感
ふくらはぎを吹き抜ける風の玉
(小動物か虫かと思って本気でひゃあと声が出た)

おもしろい
良し悪しはともかく、映画に集中できるできないはともかく
経験できてよかったです
次こそ3Dみにいこう

映画業界も模索しているなぁ
がんばろう出版業界

とりあえずわたくしは目の前の入稿作業に力を注ぎます



この土砂降りのなか、きれいに点火
今年も静かに手を合わせました

2016年8月2日火曜日

おばけがでる

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

いやあ久々に抜きましたよね、度胆
なにってあなた、アレしかないでしょ
深キョンがかわいすぎる件

はあ、かわいい
小麦色の肌に沿う水着の紐がセクシーだこと
いいですか女子諸君
男子が言う
「俺ってぽっちゃりが好みだから」
というぽっちゃりの定義はこのあたりです
そこのところ勘違いすると痛い目にあいますよ

さて【深キョン】の発音ですが
隣の席のO先輩と意見相違

先輩の「深キョン」
【ふか】にアクセント
【深キョン】≒【うさぴょん】

アオアザの「深キョン」
ほぼ一定のアクセント
【深キョン】≒【佐世保】

「関西弁は方言ではない」と豪語する大阪人の先輩
どちらが正しいのよ



先日の話

社内の倉庫(3階)へ行ったみずちゃんが
青い顔をして帰ってきました

「あの…誰かさっき3階へ行きましたか……?」
「誰も。どうした」
「……今日は午後から誰も行ってないですよね…?」
「だからどうした」
「……3階のラジオがついてたんです…
 午前中に行ったときにはついてなかったのに…!」

ほう
ラジオがひとりでについていたとな

「ラジオにタイマーとかついてんちゃうのん」
先輩が言う
「え!タイマーなんてないですよ!」
みずちゃんが答える

だったらもうそれはあれだ
霊のしわざだ

「こわいいぃぃぃぃ!もう3階行けないぃぃ!!」
さわぐみずちゃん
うるさい、うるさすぎる

「トイレ(2階)も行けないぃぃぃぃ!!
 シエスタ、ついてきてー!!」
ちびっこか
もしくは仲良し女子中学生か
シエスタもいい迷惑


時間を戻してその前日の話
お昼休みにみんなでわいわい話していたときのこと
おばけの話になり
「見たことはないけど感じたことはある」
「へえーどんな感じ?」
「なんかぞわぞわする感じ。ここにはもうこれ以上いたくないっていうか」
「なるほど。そういうときあるね」

そこでみずちゃん
「わたし、霊ってみたことないんですよー!
 一度でいいから見てみたいな」

あいつは確かに言いました
一度でいいから見てみたい
女房がヘソクリ隠すとこ
いや違う
おばけが見たいと言ったんですよ


それなのにこのザマ
「こわい。こわすぎる」を連発
社員全員にいかに怖かったかを力説
おまえが見たい言うたし出てきてもらってるんやろ
おばけに謝りなさい


そして次の日
かたくなに3階へ行きたがらないみずちゃんに代わって
シエスタが行く
シエスタが戻る
「なんか…またラジオついてたんですけど、
作業するしちょうどいいやと思って聴いてました」
シエスタつえぇ


そしてさらに次の日
午後になりG編集長がいやがるみずちゃんを引き連れて3階へ
「ほれみろやっぱりそうやんけ」
「だってー!タイマーがついてるなんて思いもしなかったんですよー!」
どうやらラジオにはタイマーがセットされていた様子
そしてそれが午後3時頃だった様子

「わたし最初あれだけ『タイマーちゃうか』って言うたやんか!!」
マジギレする先輩
あーこわ
おばけより断然こわい

おばけ<先輩 の式が確定


後日、編集長と夜まで会社にいて
「アオアザ、今日はもう遅いし帰ったら」
「いや、もうちょっとやってからにします」
「ひとりで残ってたらおばけ出んで」
「はっ!だったらおばけが出た言うて、また先輩にキレられる」
「帰ろう」
「帰ろう」

あーこわ
おばけより先輩、断然こわい

2016年7月15日金曜日

わるくち

みなさまごきげんよう
北大路アオアザでございます

アオアザの夏・京都手帖の夏
でありますのでこちらのほうでは少しご無沙汰気味
ブログのこまめな更新はシエスタにまかせると決めた夏

他にもひとつ抱えておりまして
ブログを更新するやいなや
「そんなこといいからはよ仕事せい」
と言われそうで
言われなくても心の中で思われていそうで
やだ京都的イケズ系


わたくし、7歳の娘と共に寝ております
あわただしい日々の中、寝る前に少し話をするのです

「今日、学校でどんなんやった?」
「楽しかったよ」

ふつう
だいたいこんな感じでいたってふつう

しかし先日
「今日、学校でどんなんやった?」
「男の子にいじわる言われた」

ほほう
小学校1年生
まあそんなもんでしょう
それでなんて言われたの

「なんかな…」
この時点ですでに泣きそう
「なんかな…」
くるぞくるぞ
「『かかってこいやマヨネーズ』って言われたー」
うわーーーん大号泣


いや
ちょっとまって

かかってこいやマヨネーズ?
かかってこいやマヨネーズ???

え、ちょ、整理させて

どの状況で「かかってこいや」なんすか
「かかってこいや」って取っ組み合いかなんかするんすか

そんでウチの子、マヨネーズ担当なんすか
他にケチャップ担当とかソース担当とかいるんすか

そもそもなぜにマヨネーズなんすか
罵倒するなら万人がキライなものにしたほうがいいんじゃないんすか

とかなんとか一瞬で頭の中でうずまいて爆笑
「『かかってこいやマヨネーズ』って言われ…」
「がははははははははははは」

「おかあちゃんなんで笑うのー
 ほんまに嫌やのに嫌やのに…わぁぁぁぁん」
「がははは…だって『かかってこ…』はははははは」
「おかあちゃんが笑うぅぅぅ」
「…はーっはーっだって、なんで『マヨネ…』はははははは」

ツボに入りすぎて『かかってこいやマヨネーズ』が最後まで言えない

娘の泣き声が響きわたる寝室21時半
母の笑い声がこだまする寝室21時半

何事かとやってきた夫
「なんで泣いてんの」
「だってさこの子が学校で『かかってこいやマ…』はははははは」
「うわぁぁぁん、また笑うううう」

あかんこれ無限ループ

笑っているわたしに怒る夫
泣く娘
それでも笑いが止まらないわたし

あああ疲れた
そんな最近のできごと



2016年6月28日火曜日

新刊できました『名古屋 昭和の暮らし』

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

ちょっといいですか
ちょっといわせていただいていいですか
わたくし、怒っています
以前からじわじわ怒っていましたが
最近のアレはほんと、ひどい
なにってあなた、アレですよ
あの西島秀俊のいいパパアピールのCM

もうあんなんいらんて
わたしらファンはそんな彼を望んでないのに
彼が結婚しているかもしれないとか(してるんだけど)
そしていいパパでありいい夫であることなんか
専業主夫でお洗濯している姿とか
家族でヨガしてるところとか
妻のためにスペシャルカルパッチョを用意してほほえむ顔とか
そんなことね、知りたくないんですよ

あんなに絶望的なこと
わたしにつきつけなくてもいいじゃない

ばか
テレビみるたび傷つく
ばかばかばか



さあ涙を拭いて新刊のご案内です
でました、あのシリーズの最新刊
『名古屋 昭和の暮らし 昭和20~40年代』

弊社の昭和シリーズ
なつかしのモノクロ写真集です

昨年『昭和の名古屋』を発刊いたしまして
ご好評につき、第2弾です



光の角度によっては見えにくい箔押し!
金です、金
名古屋と言えば、そりゃあ金でしょ

そんでこのヤカンでかすぎるでしょ
なんのためにこんなデカいのさ

さて、今回もアオアザチョイスで紹介していきます
少し偏りがありますがそのあたりご了承ください



消防訓練の様子
マネキンを逃げ遅れた人に見立てるて
いやデカいでしょ、マネキン



巨大福助人形
いや、デカいでしょ、福助

さっきからデカくない
表紙カバーのやかんからデカくない




名古屋と言えばやっぱパチンコでしょ
内側に店員さんがいたんですね
中でかくれてお化粧している様子
おねえさん、見えてますよ



お母ちゃんの運動会

めっちゃ応援してますやん、おかあさん
モンペにたすき掛け
見ているお母さん方の表情もステキ




こちらはお父ちゃんの運動会
やだ、懐かしのパン食い競争
この写真みると、自然と口が開くんですけどなぜ



伝説のストリッパー、ジプシー・ローズ
東洋一のストリッパーと呼ばれたらしいですよ
ジプシー・ローズ
京都に今もストリップ劇場てあるのかな



赤ちょうちんとか屋台とか大好物
しかもおでんとか!おでんおでんおでんとか
ああ冬が待ち遠しい



記念切手を販売する女性たち
切手モチーフのおそろの上着がイカス
…て、なにその髪型ーーーー!
切手より上着よりなにより
そのクレオパトラ感まじすげえ



ひと昔前までこういうの、よくありましたよね
口でトラック引っ張る、びっくり人間的な
それにしても荷台にめっちゃ乗ってますやん
容赦ない


さてここからは子どもたち
どうでもいいですけど京都では「子どもたち」と言わず
「お子たち」って言うんですよね
あれ、何気にカルチャーショック


人形供養の様子
左のお子の無表情さよ
古い人形などを供養するために納めて
くじ引きでまた人形がもらえるて
人形無限ループ



紙芝居をみるお子たち
みんないい顔
おかっぱ頭、ぼうず頭、かいらしいですなぁ
「お子」っていうの、だんだん好きになってきた



海水浴にむかう電車内のお子たち
手はおひざのうえ
足ピーン



入浴指導の様子
こんなんあったんですね
銭湯好きとしては外せない一枚



はいきました
わたくしが好きなやつきました
相撲をみて興奮するお子たち
わたくし、今回の写真集の中でこの写真がいっとう好き

何が好きってそりゃ


彼の顔



たまらん、この顔
こんなに教科書的なびっくり顔ありますか



もう双眼鏡はずしてもうてるやん
みえてへんやん、君
大好きだ




先生から「注意する言葉」を教わるお子たち

「ばか」
うん、それは言うたらあかんよね
わたし、冒頭で思いきり言うてもうてるけどね


「だぎゃー」
「あのよう」
え、名古屋のお子なんやしええやん
むしろ好きよ、名古屋弁
もっとちょうだい


とまあこんな感じでお送りした『名古屋 昭和の暮らし』
書店にて絶賛発売中でございます

名古屋に住む方・ゆかりのある方におすすめ
というよりは、これは昭和をなつかしむすべての方におすすめ
名古屋のみならず、なつかしい気持ちになる写真がいっぱいだったでしょ
だから全国のみなさんも買ってちょうだい
そしてわたくしで言うところの相撲の少年のように
お気に入りの一枚を見つけてください

Amazonではこちらから→『名古屋 昭和の暮らし』


そしてそして!
丸善名古屋本店にてイベントやります!

「写真で見る、驚きの昭和 -名古屋 昭和20~40年代-」
日時:7月3日(日)14:00~
丸善名古屋本店 6階イベントスペースにて

著者のおふたりの刊行記念トークショーです

参加無料です!
定員20名さま、要予約です
今週末はにゃごやへ行きましょう
そんで東山動物園とかテレビ塔とかしゃちほことか
観光込みでトークショーへどうぞ


これ、待ち受けにしよう

2016年6月21日火曜日

ショートトリップ木津

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

いやあすっかり梅雨
いつの間にこんなムシムシになったのですか
昨晩うっかり窓を開けて寝て
起きたら窓辺びしょぬれ
なによもう梅雨のばか

梅雨に入る前の休日
新緑をもとめて木津方面へでかけました

わたくし、5月がいっとう好き
緑がきらきらしていて、暑くもなく寒くもなく
この時期の夜のお散歩が大好き
あてもなくブラブラ歩いて
途中でアイスなんか買っちゃったりして
もちろんスッピンでそのうえお風呂あがりがベスト
ああ
そんなデートがしたい
妄想だけで生きていける齢36ですがなにか

話を戻して木津のこと
この緑の美しい季節に、緑の美しい場所へ

本当は茶畑のある井手町のあたりもドライブしたかったのですが
時間に限りがあるため、今回は社寺を中心に
目指すは浄瑠璃寺と岩船寺

こんな仕事をしていますがわたくし
初・木津
初・浄瑠璃寺
初・岩船寺

ずっと行ってみたかった
この時期に行けてなによりです

高速ふたつくらい乗ってびゅーんと浄瑠璃寺へ




まずは阿弥陀堂へ
浄瑠璃寺は九体寺とも呼ばれます
九体の阿弥陀如来像が安置されているから
堂内に入るとぴーんと張りつめた荘厳な空気
はあああああ
圧巻です
すばらしかった
正直こんなスゴイと思っていませんでした
浄瑠璃寺って三重塔があって紅葉がきれいで
…くらいしか思ってませんでした
ごめんなさい浅はかでした

お堂は横長のつくりで
如来さま一体一体の前に扉があり
その扉が開くと、向かいの三重塔からすべての如来さまが見えるそうです
もちろん扉は閉められていますが
その景色を想像するだけでぞくぞくします

池をはさんで三重塔


緑が元気でちょっとかくれちゃってますが


この三重塔内にはご本尊・薬師如来像が安置されています
開扉日は毎月8日と彼岸の中日・正月三が日のみです
いずれもお天気がよくないといけません


まだあまり咲いてなかったけど、あじさい
めっちゃ葉っぱ食べられてる
つやつやの緑、おいしそうだもの
わかる、気持ちわかる

浄瑠璃寺参道の「とろろそば」の文字に後ろ髪ひかれながら
次の目的地・岩船寺へ
あじさい咲いてるかな、うきうき



盛りにはまだ少しだけど、きれいに咲いていました
これは6月の初めだったから今頃はもう終わりかけかしら


本堂に安置されている阿弥陀如来坐像もすごかったな
おおきくて
やさしいお顔立ちでした

岩船寺に車を停めたまま、磨崖仏を見るためお散歩
下調べをしてこなかったのですが…
まあまあな山道でした
スカート失敗

手すりにつかまりひいひい言いながら山道を下り、
一願不動(不動明王立像)を拝みまた山道を登る

完全に息切れ
水いっき飲み

それにしても大きな石が多い
よーく見たら仏像が彫られているんじゃないかと目をこらし
うっすら見えた気がする
最近どうも老眼気味なので自信がない
やっぱりうっすら見えた気がする
ていうかぜったい違う

そこからまたさらに山道をゆく
そしてわらい仏


息切れしたわたくしをみてほほえんでいらっしゃる
パワースポットという言い方はどうも好かんのですが
でもここは神聖な力をわけてもらえそうなそんな場所

仏さまはどんな景色をみていらっしゃるのか
ふりかえるといいながめ


青々としたみどりの向こうに街がみえる


地域の野菜をたんまり買い込み岐路につきました



そんなわたくしは『京都手帖』の取材やらやってます


取材先でご馳走になるの図
朝からしあわせ顔でフライドチキンをほおばるの図
ぺろりです
朝ごはん食べたのにね
てへ



ほかにも、茶農家で茶を淹れてもらうという
超絶贅沢なカフェ(じゃないけど)へ行ったり


そこで茶葉ばりばり食べたり

そんなこんな過ごしています
わたくしは元気です
主に横方向に

2016年5月27日金曜日

天国と地獄

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

夏が本気出してきましたね
お昼に食べたミートソースのスパゲティ
白いカーディガンにソースが飛んで
洗って干してすぐ乾く
そんな陽気です、今日は

なんにせよ、会社の表に洗った服を堂々と干すって
そしてそれを誰も咎めないってこんな居心地の良さ他にあるの

今日は朝から社内の書棚の移動をしました
急に朝、思い立って
ちょっとだけやるつもりが、思いのほかがっつり
身体を動かした疲労感は残りますが
ここに座って目に入る書棚がすっきりしていると
やはり気持ちのいいもんですな
こころはればれ



さて表題
天国と地獄のはなし

じぶんが天国へ行くか地獄へ行くか、考えたことありますか
わたくし、あります
子どもの頃はそりゃあおそろしく思っていました
死後の世界ってやつ

眠る前、目を閉じて考えます
自分が死ぬのも嫌だけど
お父さんが死んだらどうしよう
お母さんが死んだらどうしよう
おじいちゃん、おばあちゃんが…
考え始めるとどんどん心配になり眠れなくなる
そんなマイナス思考の子でした

今もね、考えなくはないですよ
でもね、もうどうでもいい
どうだっていいのよ
だっていくのは地獄に決まってるから

これまではたらいた
数々の悪事を、数々の暴言を
神様が見逃すはずがない
そう思っているのです
自覚をしているのです
自覚することで情状酌量されるかなと
そこまで計算するあざとい女なんです、わたし

20代
自分が年老いるという当たり前のことも見えない
若くて周りが見えなかったあの頃
わたくしは30代40代の女性に対し暴言を吐くのです

「30代後半にもなってハートのネックレスとか、します?」
「40代にしてはめっちゃキレイじゃないですか」

どうですか
腹立つでしょう
書いてて自分で腹立つわ
あほか20代のわたし

そしてあっさりとその暴言が返ってくる年齢になり
そしてシエスタからその報いを受けているのです

「わたし太ってきたんですけど アオアザ先輩には言わないでくださいね~」
「10歳上なんて話が合わないです~」

因果応報
わたくしは甘んじて受け入れます

自分が放った言葉も足かせとなり
ハートのアクセサリーをつけられない30代後半


いいんです
わたしは地獄へ行くことを自覚しているのです
そしてそれはG編集長も同じく
人間たるもの、自覚することが大切なのです

でもね、O先輩があがくのです
この期に及んで、じたばたがひどいのです
「わたしは天国行き決定やろ」
「わたしはあんたら(G編集長とわたくし)よりは善人じゃ」
ああ…あんなに暴言を吐いていらっしゃるのに

自覚していないだなんて、罪が重くなるだけ
先輩、我々より暴言の回数、多いですから
地獄行きの特急券、買ったはりますから
しまかぜの展望車両みたいなええ席のチケット
もう持っていることにはやく気づいて