2017年1月18日水曜日

北部ですから

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

降りましたね、雪
日曜の朝、静かすぎて起きられなかった
雪の朝はだいたいヘリが飛ぶんですよ
主に金閣寺を撮影するために(だと思ってる)

バババババと聞こえると
「ああ、積もってんだな」と認識できるのですが
今回はそれがない
すんげー静か
もちろん車も通ってない

これくらい積もってたらおそらく
ヘリも飛ぶの躊躇したんでしょうな
無理もない


毎週日曜日は娘の習い事へ行くのです
いつもは自転車ですが
さすがに今日は不可能
車も駄目
徒歩しかない

ということで、長靴履いて傘さして
家を出たら


足、埋まるやん

ああ、これはまずい
踏みしめたい衝動をおさえきれない
わたし、あなたをめちゃくちゃにしたい

愛し愛され愛憎劇に似た気持ちがふつふつとわき
娘より前を歩いて足跡をつける

大人げない
まったくもって大人げがない



北山大橋から賀茂川を見ればこの銀世界

休もう
今日はもう、いろいろ休もう
不真面目なお母ちゃんですまぬ

ということで習いごとをさぼり、パンを買って植物園へ



カメラが趣味とおぼしき方々はいらっしゃいましたが
純粋に雪とたわむれるために来ているのは数組

うちひと組のご家族は
原寸大トーマスつくってました
原寸大、どんなもんか知らんけど
でもガチ乗れるデカさ
二度見した
そしてそばで出来上がるのを見守った
すげーなスキーウエア着たあのご家族

そう、スキーウエア
スノーブーツ
及びそれ用の手袋など
我が家にはもろもろございません

京都の北部に住んでる自覚あんのか
いやそもそも北部ちゃうよ南部だよ
嘘言え天気予報では「京都北部」だろ
いやあの北部は舞鶴の方の…

というやり取りをいったい何度すればいいのか
もういい加減わかってO先輩
北大路は京都市南部
たぶん南部

いやだからね
そのスキーウエアもろもろがないの
買う気もないの
だから普通の服で行ったのよ当たり前でしょ

雪に意気盛んになったわたくしは


やるよね、これ
やるでしょ、もちろん
撥水性の全くないコートで

もちろん娘にもやらせるよね
そして雪だるまもつくるよね
雪用手袋なんぞないから素手だよね
ふつうのレインブーツだから
口から雪が入ってくるよね

でもお構いなし
だってふたりともアゲアゲですから

たっぷり4時間植物園で遊び
さすがに寒くなり家路を急ぐ
最短ルートは賀茂川の飛石を渡る…
吹雪く中、危険だがはよ帰りたい
一刻もはよ帰りたい
飛石に雪は積もっていないのを遠目で確認
よし、いける、いこう、娘

娘、一度あの飛石から落ちてるんで
(しかも冬の雨の日)
いいか、ゆっくり一歩ずつ確実に
まるで重大ミッションを任されたトム・クルーズのような目で
彼女は飛石を渡っていきました


渡ってる途中で雪、やんできた

無事渡り終えたらまた、河原は一面の雪

おかあさん、わたし、まだ遊びたい
まじですか、寒くないの
寒くない
足に雪が入っているのでは
だいじょうぶ
遊ぶったって素手ですよ
だいじょうぶ

最後の最後で本気のふたり雪合戦
パウダースノーだから
当たった瞬間、ほどけていく

帰宅後、風呂場へ直行し足湯をする娘
あったまった足がかゆくてかゆくて
寒いのにお湯につかっていられなくて
飛び出して赤い足をかきむしる娘
冬の風物詩ですな


翌日
学校で雪合戦をしたそうで
そう、残雪で
水分をたっぷり含んだ雪をぎゅっと固めるとどうなるか
ね、あれはもはや凶器
娘、その硬球が顔面を直撃したそう
冬の風物詩ですな

2017年1月11日水曜日

済んだ話

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

今年の冬はなんだかなあ
寒いの、これ、寒くなんの
コートを新調しようかと迷い
しかしこの冬
暖かいコートなんぞいらんのではと思い至り
しかしセールで半額になっているものをみると
ああ買いたい
買いたい回大会タイ
(↑変換一発でコレ)


さて、クリスマスの話でもしましょうか
季節外れもはなはだしい

師走ってなんであんなにバタバタするのでしょうか
別に掃除なんてしなくったっていいじゃないの
わざわざあれやこれやしなくったって、ねえ
気も急くし

そうは思っていてもがんばってやっちゃうのは
きれいにして新しい年を迎えたいと思うのは
ジャパニーズスピリットなのかしら
血がそうさせるのかしら

年末から実家に帰っていたため
それに向けての調整で毎度、目が回りそう

そんななかでも季節感を大切にしたい

そう思って昨年は、クリスマスリースをつくることに
アレンジメントレッスンを受けることに

行くのはもちろんあの、プーゼさん!
昨年は『ばらの本』を刊行しまして
公私にわたってお世話になっております浦沢美奈さんが先生です

まずは枚方市のニュースポット
あのオサレスポット・枚方T-SITE
→過去には内覧会へ行きました→★オサレふたたび


過去ブログでも大興奮していたあのでかい書棚の前でレッスン
午前の部・午後の部とあって
2種類の違うリースができると聞き、選べずどちらも受けることに

ひとつめはテーブルリースです
オアシスに材料をバランスよく刺していく、というもの
事前に浦沢さんに聞いていたので、こちらは娘につくらせることに



邪魔をする母
露骨に嫌がる娘


そしてできあがり
この真ん中のキャンドルがまたとってもいい香り


続いて午後の部
こちらは少々力もいるのでわたくしがつくります


ロケーションにうっとり
ああ、クリスマス感が増すわ


「立ってつくってんの、おかあちゃんだけやで」
と小声で忠告されるも、いやもう本気やし
立って本気ださなおかあちゃん無理やし

他の方の飾りつけを見ては
あら、そういうアイデアもあるのね、ステキと
迷い迷いながらできあがったのがこちら


そおっと持ち帰り、戸口にかざりました


後日、京都の大垣書店さんでも
親子でつくるリースのワークショップが開かれました
こちらには、友達母娘と参加することに




浦沢さんのすごいのは
このリースの再利用法まで教えてくれるところ
お正月飾りに簡単に変換させられることや
余った材料を使ってかわいいスワッグまでつくったり
そういう無駄にしないところが大好き




枚方のあと、梅田スカイビルのクリスマスマーケットに寄って帰途へ
昨年はクリスマスを満喫いたしました
きらきらしたものたくさん見られて、幸せ
これってデートだったらもっとたのしいんだろうな、いいな若人は

クリスマス当日の我が家のディナー?


豚の生姜焼きだけど、なにか

2017年1月6日金曜日

あけましておめでとうございます

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

あけましたね
いつのまにやら、年

個人的には後厄が終わるので
はよ節分が来てほしい今日この頃

みなさまはどのような年末年始を過ごされましたか
わたくしは仕事納めのその日に帰省し、
仕事始めの前夜に戻ってまいりました
ひたすらのんびり


おおそうじ?
年末年始の嫁シゴト…?
ナニソレ


これだけ休みがあったら読むでしょと
実家に持って帰ったぶ厚い単行本
1頁もめくられることなく、無事、京都にご帰還されました


さて、一年の計は元旦にありということで
今年の抱負をここで宣言いたす

○やりたいなと思ったことはとりあえずやる
 ずっと前から習いたいことがたくさんあるのです
 今年こそは習う
 とりあえず体験に行く

○人の輪をひろげる
 人見知りをやめて、ぐいぐいいく
 んもう、ぐいぐい飲み会とかいくんだから
 下戸だけどね

○ブロガーになる
 カレンダー通りにお休みをいただくぐらいのつもりで
 更新していこうかしら
 でも読むのも疲れます、よね
 そしてネタにも困ります、よね
 ほどほどにします、ほどほどのブロガーということで

○身体に気を付ける
 昨年行けなかった検査など、ちゃんといく
 自分のためだけではなく、大切な人のため
 まだまだ死ぬわけにはいかんのです

○すなわち、痩せる
 なにごとも行き過ぎはよくありません
 このバディは、やはり行き過ぎでありましょう
 ワガママが過ぎましょう


目標は自分の中に秘めるだけではなく
公言することにより、自らを追い詰める
いつになく、エス寄りのアオアザ
あたし、やるわよ

これからわたくしがおやつを食べていたら
「食べてんじゃないよデブ」とO先輩にののしってもらうつもりでいたら
先輩の今年の目標のひとつ
○マイナスの発言はしない
にひっかかり、断られました
「デブ」を「おでぶちゃん」に変更し、なんとか言うてもらおうかな

年末年始にさっそく暴飲暴食して
なんだろう、近年の最高値を更新している目方ではあります
マイナス(プラス)からのスタートで
年末のわたくしにご期待くだされ


仕事ノホウフ…?
ナニソレ


ということで
光村推古書院とアオアザのブログを
本年もどうぞ、ご贔屓に

2016年12月7日水曜日

新刊できました! 『鬼の眼 土門拳の仕事』

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

昨日から一気に寒くなり
朝晩の北区は時雨れております
おおさむ
こんな寒いのに今日はうっかり自転車で来てもうた
編集長曰く「珍しくて雪が降る」
今年ももう終わりですが、自転車通勤は今年3回目くらいかな
電動自転車が泣いてるよね、泣かせとこ


さて、新刊ぞくぞくできてます
『鬼の眼 土門拳の仕事』
そうです、あの、土門拳
ええ、あの、巨匠です


黒赤のインパクトある表紙カバーと帯
この少女の表情がまたなんとも


416頁とボリューミー
編集はO先輩です
こちらも約1年がかり

写真を選ぶとき、たいそう大変そうでしたなあ
どれもこれも、よくって
落しがたくって
だからってページ増やしすぎでない?
スーパーだったら特売レベル


お待ちかねの中身はといいますと


戦中の沖縄の写真
沖縄好きとしては外せない
独特の髪の結い方



昭和11年
浅草の大衆食堂
活気がありますな
京極スタンド行きたくなる



同じく昭和11年 浅草
夜店をひやかす男女のうしろすがた
しっとりしたはりますなぁ
これだけで相当な親密度合いが伺える
ええな
ええなあ
デートしたい



昭和12年
街頭で千人針をしているご婦人たち
次第に戦争の色が濃くなりはじめました



昭和13年
赤十字看護婦
この清くて美しいお顔
看護服を身に着けて矢を射るという
ただごとならぬ情景
あらためて戦争のむごさを思い知る



昭和19年
予科練の若者
同期生に散髪をしてもらう
この笑顔
このあと特攻隊にいくであろうに
ほんとう、胸が痛い



ヒロシマの章
見る写真見る写真、胸が張り裂ける思い
ここには載せません
でもぜひ、見てください

編集の際、O先輩が土門拳の著書を読み漁っておりました
土門拳は写真はもとより、文章もすばらしいのです
帯の文言も、著書より抜粋
本文中にも抜粋しているものがいくつかあります

ヒロシマの文章
まだ『京都手帖』の編集でバタバタしていたころ
「忙しいとは思うけど、ちょっとここだけ読んでみて」
と手渡された本
原爆の後遺症で亡くなる子の話
読み手がその光景を目の前で見ているかのように錯覚させる筆力
泣きました
言わずもがな
嗚咽レベル
しかも二度読み
忙しいって言うのに

それくらい惹きつけられる文章でした

でもこの本の中には引用してません
泣きすぎて無理でした
ご興味のある方はO先輩までご連絡を




街角に立つ傷痍軍人
戦後にはこんな光景がよく見られたんですかね
左頁の構図が、やっぱりスゴイ



昭和27年 銀座
そしてこんなお子たちもたくさんいたんでしょうな
子を持つ者として何とも苦しい




昭和28年 新橋
いつの時代もお父さんが酔っ払う街



昭和28年 丸の内
いやこの橋、どうなってんの
そしてお姉さんがた、
ここ絶対手をつないだらあかん場所よ!
何かと風雲たけし城レベル



昭和28年 伊豆のお子たち
左のお子のキャプション「わんぱく小僧」
うん、間違いなくわんぱくだ
鼻の頭のずるむけ方ったら
豪快なんだから



昭和28年 東京
おしくらまんじゅうをするお子たち
みんないい笑顔
ほっとする



昭和27年 福島
ぷくぷく感がたまらん…
ほっぺたが落ちているじゃないか
そして、あの、オマタの間のやつ…なんすか…
そんな忠実に手編みのズボン編みますかね



昭和34年 筑豊の子どもたち
お弁当の時間ですが、お弁当を持っていない子も
このお子たちの時間のつぶし方にも胸がきゅうとなるし
持たせられなかった親の気持ちを考えてもきゅうとなる



有名人のポートレート
吉行淳之介が男前
永井荷風が色男



これまでモノクロページばかりでしたが
カラーページもありますよ
古寺巡礼より


奈良の唐招提寺
千手観音立像
ここだけを切り取るって感性
被写体とじっくり対峙したのちに撮れるものなのでしょうね



京都・神護寺
薬師如来立像の足元

そうです、先日O先輩とかわらけ投げをした神護寺です
この掲載のお願いのため伺ったのでした



鳥取の三仏寺
投入堂です
どうやって建てたのか
見れば見るほどわからない
投入れられたと言われても
そうかもしれないと思える
現在は、地震の影響で登山参拝不可とのこと



そんな投入堂の秘仏
「こらー!カツオー!」的ありがたき仏像


とにかくとにかく写真満載
これも「無理。立ち読み無理」てなることでしょうから
潔くレジへお並びあそばせ

amazonでも買えまっせ☆ → 『鬼の眼 土門拳の仕事』


2016年12月2日金曜日

新刊できました!『京都の洋館』

みなさま、ごきげんよう
北大路アオアザでございます


もろもろひと段落つきまして
わたくしがほぼ1年がかりで編集しておりました本も
そろそろ書店に並びはじめたころ

難産の1冊だったので
できあがったときには「ふあぁぁ」と声にならぬもんがでました
ちょっと涙ぐみました
いとおし

校了になったとき、デザイナーのトゥーディーに
「おつかれさまでした!」と言ったら
「納品までがお仕事です」と
帰るまでが遠足よろしく言われました

そして無事納品、からの書店へ出荷
売れてくれればそれでよし
それまでの苦労などいとわないのであります
どうぞみなさま買ってください

それがこちら



『京都の洋館』です
その名の通り、京都の洋館を収録した写真集

近代建築の宝庫である京都
明治、大正、昭和初期の建物が多く残っています
それもこれも戦争で焼けていないからでしょうね

帯もパンチがありましょう
でも、この帯でいちばん気にっているのは



ここ
背のところ
建物の形にくりぬいた(ように見せている)帯
さすがトゥーディー☆(←デザイナー)



表4の帯もイカス
白抜きの建物がかわい
さすがトゥーディー☆(←言いたいだけ)


こちら、写真集ですがただの写真集じゃあございません
京都市文化財保護課の文化財保護技師の石川さんが解説を書いています
そう、専門家
チョー専門家です

京都府庁や市役所などの公共施設
京都市美術館、弥栄会館などの文化施設
京都大学や同志社などの学舎
厳かな雰囲気の教会やお寺
三条通などに今も残る商業施設
豪奢な個人邸宅

この6章で構成しています

さーてまずは公共施設から



京都府庁旧本館
こんな感じで各スポット、説明もしっかり入ってます
専門的だけど、素人(わたくし)でもわかる内容になってます
編集していて覚えたなぁ
ペディメントとか、疑洋風建築とか、シザートラスとか




こちら、京都市美術館
扉の装飾が凝ってますなぁ
ずっと見てられる

そしてこの階段
なんて美しい曲線
階段ひとつひとつの高さやカーブなど
すべて計算しつくされているんでしょうなぁ



そして、学校
京大です、京都大学
京大の中にもいくつか建物を掲載していますが
どれもとっても素敵です



こちらは京都大学のあの時計台のなか
の、照明です
さまざまです



人文科学研究所東アジア人文情報学センター
ステンドグラスもそうですが
この右下の書庫!!




同志社のアーモスト館
ここはわたしも撮影に同行しました
んまあステキ
ためいきしか出ない
そしてこれを撮影したとき、寒かったような気が…
前の冬です

そうそう、表紙カバーもアーモスト館です




平安女学院
こちらも撮影に同行
落ち着いた木の色に、このグリーンをあわせるって天才




ご存知
京都芸術センター(元明倫小学校)
このスロープが大好き
そしてスロープ下の手洗い場も大好き


つぎに教会



こちらは京都復活教会
北大路堀川にあります
近所なんですが、中がこんなだって初めて知った
すてき



そして商業施設から



きました菊水
表4(カバー裏表紙)にも使っている菊水
今回、写真集をつくるにあたり
超超超超膨大な写真の中から
いっとう心に残ったのがこの菊水の写真
照明がなんて美しいの
うっとり
そしてパーリナイ




こちら家邊徳時計店
三条通の、あそこです
いまはファッションブランドのテナントになってまして
わたくし、ガチでここの服をよく着てるんで
撮影に同行しているというのに、横目で服をちらちらとか見てませんからね
見てませんからね見てませんったら


そして、住宅から


こちら、大丸ヴィラでございます
ほれ、下唇かんで
ヴィ

名前だけ聞いてもお分かりにならない方
場所を聞けばピンとくるかも
烏丸丸太町北西です
…あー!あのお屋敷!
そうです、あのでっかい洋館が大丸ヴィラです

大丸ヴィラは拝見することができません
中を見ることができない洋館の内部も
この写真集でお楽しみいただけます



はい、きました長楽館
たばこ王・村井吉兵衛の別邸です
いまは、ホテル・レストラン・カフェになっております
ホテルには全室暖炉があるんだとか
泊まってみたい

こちらも撮影に同行しましたが
絶えず「ほええ」「ふおお」と天井を見上げておりました
こんな塩梅で、凝った装飾がしてあるんです
贅を尽くした、とはまさにこのこと


こちらも長楽館なのですが
ふだんは公開されていないお茶室です
半月窓と、ふたつの丸窓のステンドグラスがもう…

長楽館は、どこもステンドグラスが美しかったです
旧喫煙室なんてもう…説明を聞いてトリハダがたちました

ぜひカフェーに行ってみてください
旧喫煙室でお茶できます



こちらは櫻谷文庫
おうこくぶんこ、と読みます
日本画家・木島櫻谷が居住していた建物
広大な敷地内には他に、和館やアトリエなどが残っています
この洋館の見所は何といってもこの階段
きゅーーーーっと急な曲線を描いています
こんな曲線みたことない

右のページには
「もう見ることができないまぼろしの洋館」というコラムを掲載
惜しくも取り壊されてしまった洋館の在りし日の姿
こういった洋館がけっこうあるようです
耐震問題や維持の問題などいろいろありましょうが
本当にさみしいことですなぁ


巻末には、用語解説や地図も掲載しております

京都の洋館に特化したものでこんなにボリューム満点の本がいままであっただろうか


ここだけではとってもお伝えしきれないので
書店で見つけたら中身をパラ見してみてください
「ああこれ立ち読みではとても無理」
ってきっと思うはず
ということはそのまま持ってレジへ行くはず
行くの

amazonでももちろん買えますよ☆ → 『京都の洋館』